どんな風に行われるか知りたい、おまとめローンの在籍確認

おまとめローンの利用には、審査をクリアすることが必須条件となりますが、無事審査を通過すればその次は必ず「在籍確認」を受けなくてはなりません。

 

おまとめローンはこの在籍確認が済めば利用可能となります。

 

ただ、在籍確認とは一体どんな方法で行われるのか、またどんな事柄を確認されるのか、疑問に思う方も多いかもしれません。

 

今回は、そんな気になるおまとめローンの在籍確認とはどんなものなのか、解説していきたいと思います。

 

 

 

勤務先に本当に在籍しているのかどうか

 

在籍確認というのは即ち、利用者が申し込み時に申告した勤務先に、実際に在籍しているのかどうかをチェックする作業です。

 

ローン会社にとっては利用者が返済能力を有しているかどうかを把握する必要がありますから、勤務先と勤続年数については正確に知っておかなくてはならないのです。

 

 

 

電話による確認

 

確認方法は、おまとめローンの担当者による勤務先への電話での確認となっています。

 

在籍していることが事実かどうか、電話の対応によって判断するのです。

 

 

・電話時に申込者本人が対応可能な場合

在籍確認の電話がかかってきた際、おまとめローンの審査を申し込んだ本人が勤務先にいるのであれば、そのまま担当者と電話で簡単なやり取りを行います。質問される内容は、申し込みの際に申告した住所や生年月日など、個人情報が間違っていないかどうかといった程度の簡単な質問ですので、返答に困るようなことはないはずです。

 

 

 

・申込者本人が電話に出られない場合

日頃外回りが多い営業職の方などは、なかなか社内でゆっくり電話に出られるような状況ではないと思います。

 

社外にいることのほうが多い場合は、在籍確認が取れなくておまとめローンが利用できなくなるのでは?と不安になるかもしれませんが、実は担当者は申込者が電話に出られない状況というのを予め想定して電話してきますので、不在であることを懸念するには及ばないのです。

 

電話対応した勤務先の誰かが一言、席を外していることを告げてくれさえすれば、その回答で在籍していることが事実なのだと担当者には分かります。また、在籍確認の電話の際には、担当者はおまとめローンの在籍確認の電話であることは一切明かしませんし、担当者自身の個人名を名乗って電話してきますから、勤務先の人たちに知られてしまうということもありません。

 

 

 

↓新生銀行カードローン レイクよりもおすすめのカードローン↓

 


 

アコム